So-net無料ブログ作成
ドラマ情報 ブログトップ

『白銀ジャック』先行動画を視聴 [ドラマ情報]




スポンサーリンク





東野圭吾が贈るベストセラー!『白銀ジャック』の先行動画をチェック!

映像化不可能と謳われた原作がついにテレビドラマ化です!






★原作小説は1か月で110万部突破の大ベストセラー


実際にこの『白銀ジャック』の原作は、2010年の10月発売です。

発売から1か月で、110万部突破の超ベストセラーを記録しています。



もちろん、amazonでのレビューも確認してみましたが100件を超えています。

そして発売当初の2010年末には、


本が大好きでよく読んでいるという女優の堀北真希さんが原作本の紹介映像に出ていました。







※堀北真希 『白銀ジャック』紹介動画



約四年前の堀北真希さんですが、若いですねw




まぁ、そんなことはどうでもいいとして。


次はこんなことを勝手に考察してみたいと思います。





★テレビドラマ化までの期間がなぜ長かったか?


普通、原作が発売から1か月で110万部突破の超ベストセラーであれば、

どの映像系会社も飛びつきそうなものです。



出資金は膨大にかかるとはいえ、

それほどの超人気作家の超人気作品であれば、

もちろん映像化の出来栄えにもよるでしょうが、

膨大な出資金を回収できるなと容易に想像がつくし、それに尽力するはずです。




映像化までの過酷な道筋などはどこの情報にも語られていませんが、

単純に「映像化困難」が主な理由だと思います。





じゃあなぜ映像化困難なのでしょうか?





①撮影場所の確保が困難


まず、撮影場所は岩手県にある「安比高原スキー場」だったそうですが、

東北1位2位を争うような規模も名前も有名なスキー場なのだそう。


まず、そこを一部でも貸し切るということが困難です。



しかも原作はスキーやスノボーアクションを主に取り入れています。


映像化するにあたってはやはり制作側のプロの仕事を見せないと視聴者は食いついてはくれません。

シーズン真っ只中の本物のスキー場でなければとれない画(え)に制作側はこだわったのでしょう。





②莫大な資金

①から続いて貸し切ることが困難なスキー場。



オンシーズンでスキー場としても一年を通してもっとも収益があがる月になることです。


そこで一般客を制限することは、

スキー場の売り上げを必然的にストップさせてしまいますから、

制作側もスキー場の利益分も考えて、撮影場所借用料を払わなければならないでしょう。



撮影は1か月間。



莫大な資金なのは間違いないと思います。



まぁ、あまりどこのドラマ制作会社もやりたがるような金額ではなかったのかもしれませんね





③大震災の影響


このようなことはちょっと書きづらいのですが。




2011年3月に日本人であれば忘れることができない大震災が起こりました。


今回の撮影場所が当時から決められていたのかはわかりませんが、

スキー場が舞台となると、


やはり必然的に被災地に近くなる(東北)ということです。


余震で雪崩が起きるという可能性もあるでしょう。



製作側は俳優陣のことも考え、万全の処置をとったのかもしれませんね。








とまあ、なんだかんだダラダラ書いてしまいましたが。



テレビ朝日が公開している、先行動画を見れば、もっともっと本編のドラマが見たくなってしまいます。

やはり僕として一番の見どころはアクションでしょう!


先行動画でも少しだけですが、アクションが見れますよ!








最後まで読んでいただきありがとうございました。

『白銀ジャック』放送日は? [ドラマ情報]




スポンサーリンク





原作本が発売から一か月あまりで110万部の売り上げを突破した人気作!

広大なスキー場を舞台としたサスペンス『白銀ジャック』の放送日は?




東野圭吾さんが著書のサスペンス小説『白銀ジャック』が、

テレビドラマ化され、テレビ朝日系列での放送が決定しました。



撮影は2月から3月末頃に行われたそうです。




そんな注目集まる『白銀ジャック』




8月2日21:00~テレビ朝日系列で放送予定です!




hakugin.jpg






<あらすじ>


ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。


年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。


警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、

山中でのトリッキーな身代金奪取。

雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。



すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。

今、犯人との命を賭けたレースが始まる。


圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


(実業之日本社公式HPより)







いやー、爽快で痛快なスキーアクションも見どころです!













最後まで読んでいただきありがとうございました。

『白銀ジャック』撮影は「安比高原スキー場」 [ドラマ情報]




スポンサーリンク





発売1か月から110万部のセラーを記録した東野圭吾の著書


『白銀ジャック』テレビドラマ化されますね!




広大なスキー場を舞台とした『白銀ジャック』は、


岩手県八幡平市安比高原にある『安比高原スキー場』で撮影が行われました。



なんでも日本有数の広大な規模のスキー場であり、


「山形蔵王温泉スキー場」とともに東北を代表するといわれるスキー場なんだそう。




appi1.jpg
安比高原スキー場マップ




スキー場以外の設備も充実しているらしくホテルはもちろんのこと、




appigolf.jpg



ゴルフクラブや





appifarm.jpg



高原牧場もあり、


滞在型のオールシーズンリゾートなのだそう。


夏の高原牧場なんて気持ちがよさそうですよね!

なんか涼しそうだし。



冬は…大変そうだけど^ ^;






そんなオールシーズンなリゾート地のライブカメラがあるそうです。

興味のある方は是非★

・安比高原ライブカメラ
http://www.appi.co.jp/all-season/live-camera/

・安比高原スキー場公式サイト
http://www.appi.co.jp/





さて、今回の白銀ジャックは、

原作内の舞台であるスキー場が広大すぎて、映像化は不可能なんてことも囁かれていたのだそう。



しかし、今回のドラマ化ではその広大な舞台を、

安比高原スキー場にて再現に成功!



しかも再現成功だけでなく、事件解決のために奔走する主人公たち(渡辺謙ら)

が魅せる迫力満点のスキーアクションも見どころです!




250946_615.jpg




現場の環境はとてもいいものとは言えなかったらしく、


酷い時で、最低気温氷点下17度、風速25メートルを記録。



しかしそんな中を主役である渡辺謙は

スタントマン無し・自らカメラにて滑走中撮影をこなしたのだそう。



す・・・すげえっすよ。



渡辺謙さんって(54)ですよ?

めちゃカッコいい54歳ですよね!





そんな注目ドラマ『白銀ジャック』は、

テレビ朝日系で8月2日21:00より放送予定です!
ドラマ情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。