So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

『疾風ロンド』は『白銀ジャック』の続編? [ほか情報]




スポンサーリンク





東野圭吾先生の「いきなり文庫本化」された大ベストセラー小説『白銀ジャック』。

そしてまたまた東野圭吾先生が「いきなり文庫本化」をした第2作目となる『疾風ロンド』!


ちなみに『疾風ロンド』は『白銀ジャック』の続編ではありません。


『白銀ジャック』に登場する根津千晶は登場はしますが、

前回の爆破物事件とは違うスキー場ですし、話内容も関係はありません。



ですので、『白銀ジャック』は読まずとも楽しめる内容となっています。 


sippuu.jpg




今回はまたまた第二作目にして販売100万部超えを突破した、

『疾風ロンド』のついて記事を書いてみたいと思います。





★賛否両論!?あまりに二分化するユーザー評価


まず、やはり読むユーザー側がこの本、

もといに東野圭吾作品に何を求めているかによってやっぱり評価は変わってきます。



まぁ、本に限らずあらゆる作品はそういうもんなのでしょうが、

まぁ今回の疾風ロンドはそれがまた顕著にわかりやすく表れています。




結果から言ってしまうと、


「最終的に全員アンハッピーで、なおかつ暗い内容のまま終焉を迎える」


というダークな終わり方というか、

おも~い雰囲気が延々続いてそのままフェードアウトしていくみたいな作風を好む方は


この作品に嫌悪感すら感じると思います。




というのもかなり軽快でコミカル色が強く、一応サスペンスだがほぼコメディみたいな内容なのだそう。


サスペンス要素は主題であるはずなのに、

その要素が他のコミカル色によって見事に打ち消されている、そんな内容なんです。




しかも、登場人物もどこか間が抜けています。


一部のamazonレビューのなかでは


「東野圭吾のゴーストライターが書いたのでは」


という予測まで立てられる始末。



某「○田一少年の事件簿」的な内容に仕上がっているそうです。



ここまで書けば、たぶん重い内容を求めているユーザー様へ伝わってくれると思いますw




★しかしながら高評価もかなりある


重い内容を求めるユーザーたちには「物足りない」というどころでは済まずに、

「東野圭吾ゴーストライター疑惑」すら湧き上がる『疾風ロンド』。




しかし、そのコミカルさがまた絶妙な間抜け感が出ており、

登場人物達の厳格な設定とのギャップに微笑んでしまうという高評価もありました。



また、スキーアクションのスピード感とかぶせているのかは分かりませんが、

物語の疾走感は大事にしているようで、

その疾走感=軽快感が読みやすさにつながっているとの評価もありました。






まとめ


んなわけで、


まだ買っていない方は、

自分が東野圭吾に求めているものを自分でよく理解したうえで、

購入の判断したほうがお金の無駄にはならないかもしれませんねw




ここまで読んでいただきありがとうございました。

『白銀ジャック』先行動画を視聴 [ドラマ情報]




スポンサーリンク





東野圭吾が贈るベストセラー!『白銀ジャック』の先行動画チェック

映像化不可能と謳われた原作がついにテレビドラマ化です!






★原作小説は1か月で110万部突破の大ベストセラー


実際にこの『白銀ジャック』の原作は、2010年の10月発売です。

発売から1か月で、110万部突破の超ベストセラーを記録しています。



もちろん、amazonでのレビューも確認してみましたが100件を超えています。

そして発売当初の2010年末には、


本が大好きでよく読んでいるという女優堀北真希さんが原作本の紹介映像に出ていました。







※堀北真希 『白銀ジャック』紹介動画



約四年前の堀北真希さんですが、若いですねw




まぁ、そんなことはどうでもいいとして。


次はこんなことを勝手に考察してみたいと思います。





★テレビドラマ化までの期間がなぜ長かったか?


普通、原作が発売から1か月で110万部突破の超ベストセラーであれば、

どの映像系会社も飛びつきそうなものです。



出資金は膨大にかかるとはいえ、

それほどの超人気作家の超人気作品であれば、

もちろん映像化の出来栄えにもよるでしょうが、

膨大な出資金を回収できるなと容易に想像がつくし、それに尽力するはずです。




映像化までの過酷な道筋などはどこの情報にも語られていませんが、

単純に「映像化困難」が主な理由だと思います。





じゃあなぜ映像化困難なのでしょうか?





①撮影場所の確保が困難


まず、撮影場所は岩手県にある「安比高原スキー場」だったそうですが、

東北1位2位を争うような規模も名前も有名なスキー場なのだそう。


まず、そこを一部でも貸し切るということが困難です。



しかも原作はスキーやスノボーアクションを主に取り入れています。


映像化するにあたってはやはり制作側のプロの仕事を見せないと視聴者は食いついてはくれません。

シーズン真っ只中の本物のスキー場でなければとれない画(え)に制作側はこだわったのでしょう。





②莫大な資金

①から続いて貸し切ることが困難なスキー場。



オンシーズンでスキー場としても一年を通してもっとも収益があがる月になることです。


そこで一般客を制限することは、

スキー場の売り上げを必然的にストップさせてしまいますから、

制作側もスキー場の利益分も考えて、撮影場所借用料を払わなければならないでしょう。



撮影は1か月間。



莫大な資金なのは間違いないと思います。



まぁ、あまりどこのドラマ制作会社もやりたがるような金額ではなかったのかもしれませんね





③大震災の影響


このようなことはちょっと書きづらいのですが。




2011年3月に日本人であれば忘れることができない大震災が起こりました。


今回の撮影場所が当時から決められていたのかはわかりませんが、

スキー場が舞台となると、


やはり必然的に被災地に近くなる(東北)ということです。


余震で雪崩が起きるという可能性もあるでしょう。



製作側は俳優陣のことも考え、万全の処置をとったのかもしれませんね。








とまあ、なんだかんだダラダラ書いてしまいましたが。



テレビ朝日が公開している、先行動画を見れば、もっともっと本編のドラマが見たくなってしまいます。

やはり僕として一番の見どころはアクションでしょう!


先行動画でも少しだけですが、アクションが見れますよ!








最後まで読んでいただきありがとうございました。

『白銀ジャック』放送日は? [ドラマ情報]




スポンサーリンク





原作本が発売から一か月あまりで110万部の売り上げを突破した人気作!

広大なスキー場を舞台としたサスペンス『白銀ジャック』の放送日は?




東野圭吾さんが著書のサスペンス小説『白銀ジャック』が、

テレビドラマ化され、テレビ朝日系列での放送が決定しました。



撮影は2月から3月末頃に行われたそうです。




そんな注目集まる『白銀ジャック』




8月2日21:00~テレビ朝日系列で放送予定です!




hakugin.jpg






<あらすじ>


ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。


年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。


警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、

山中でのトリッキーな身代金奪取。

雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。



すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。

今、犯人との命を賭けたレースが始まる。


圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


(実業之日本社公式HPより)







いやー、爽快で痛快なスキーアクションも見どころです!













最後まで読んでいただきありがとうございました。

『白銀ジャック』撮影は「安比高原スキー場」 [ドラマ情報]




スポンサーリンク





発売1か月から110万部のセラーを記録した東野圭吾の著書


『白銀ジャック』テレビドラマ化されますね!




広大なスキー場を舞台とした『白銀ジャック』は、


岩手県八幡平市安比高原にある『安比高原スキー場』で撮影が行われました。



なんでも日本有数の広大な規模のスキー場であり、


山形蔵王温泉スキー場」とともに東北を代表するといわれるスキー場なんだそう。




appi1.jpg
安比高原スキー場マップ




スキー場以外の設備も充実しているらしくホテルはもちろんのこと、




appigolf.jpg



ゴルフクラブや





appifarm.jpg



高原牧場もあり、


滞在型のオールシーズンリゾートなのだそう。


夏の高原牧場なんて気持ちがよさそうですよね!

なんか涼しそうだし。



冬は…大変そうだけど^ ^;






そんなオールシーズンなリゾート地のライブカメラがあるそうです。

興味のある方は是非★

・安比高原ライブカメラ
http://www.appi.co.jp/all-season/live-camera/

・安比高原スキー場公式サイト
http://www.appi.co.jp/





さて、今回の白銀ジャックは、

原作内の舞台であるスキー場が広大すぎて、映像化は不可能なんてことも囁かれていたのだそう。



しかし、今回のドラマ化ではその広大な舞台を、

安比高原スキー場にて再現に成功!



しかも再現成功だけでなく、事件解決のために奔走する主人公たち(渡辺謙ら)

が魅せる迫力満点のスキーアクションも見どころです!




250946_615.jpg




現場の環境はとてもいいものとは言えなかったらしく、


酷い時で、最低気温氷点下17度、風速25メートルを記録。



しかしそんな中を主役である渡辺謙は

スタントマン無し・自らカメラにて滑走中撮影をこなしたのだそう。



す・・・すげえっすよ。



渡辺謙さんって(54)ですよ?

めちゃカッコいい54歳ですよね!





そんな注目ドラマ『白銀ジャック』は、

テレビ朝日系で8月2日21:00より放送予定です!

東野圭吾 『白銀ジャック』 ネタバレ [ネタバレ]




スポンサーリンク





東野圭吾氏著の「白銀ジャック」

8月2日の21:00よりテレビ朝日系で放送されます!




原作は東野圭吾氏の小説です。


2011年11月17日に単行本化され、実業之日本社から刊行されました。

ちなみに同社より、『白銀ジャック』の続編になる『疾風ロンド』も発売されています。


『白銀ジャック』に登場する「根津 昇平 (ねづ しょうへい)」が再登場します。






さてさてここから書籍からのネタバレとなりますが、

>かなり端折っていますので、興味のある方は是非、原作を読むべし!!






<ネタバレあらすじ>



★登場人物一覧★


倉田 玲司(くらた れいじ) - 渡辺 謙

 リゾート運営会社「広世観光株式会社」の社員。



筧 純一郎(かけい じゅんいちろう) - 國村隼

 倉田の勤務する「広世観光株式会社」の経営者。



入江 義之(いりえ よしゆき) - 安田 顕

 1年程前に北月地区で発生した事故で妻を失った男。
 


根津昇平(ねづ しょうへい) - 岡田 将生

 パトロール隊員。



桐林 祐介(きりばやし ゆうすけ) - 庄野崎 謙

 新人パトロール隊員。



増淵 英也(ますぶち ひでなり) - 中尾 明慶

 北月町長の息子。



日吉 浩三(ひよし こうぞう) - 平泉 成

 リゾートに遊びに来た客。



ドラマでは、他キャストもいます。








『新月高原スキー場』リフトやゴンドラなどの運営を行っている倉田

愛する妻を作ることなく、新月高原スキー場で静かに仕事をする、40代の中年男性である。



そんなある日に倉田が勤務する『新月高原スキー場』を管轄する観光会社、

『広世観光株式会社』脅迫電話が入った。




犯人は


「『新月高原スキー場』に爆弾を埋めた」と主張。


スキー場を爆破しない条件として、大金を要求して来た。



この脅迫に『広世観光株式会社』の経営者であるは頭を抱える。


警察もろくに捜査ができないような山岳地帯にある『新月高原スキー場』。




は、そんなスキー場での事件解決を土地柄を知り尽くした倉田パトロール隊の根津たちに事件解決を委ねる。



倉田根津犯人からスキー場を護ろうと奔走する。



そんな中、彼らの脳裏を過るのは1年前に起きた忌まわしい事件であった.....





遡ること1年前、

『新月高原スキー場』内の『北月地区』では、痛ましい事故が発生していた。



2人のスノーボーダー同士の衝突により、客として来ていた入江という男性の妻が死亡した。

犯人と思われるスノーボーダーは逃亡し、行方が分かっていなかった。


その忌々しい事故以来、北月地区は出入り禁止とされていた。



その当の入江が、この脅迫事件と同じタイミングの今に、新月高原スキー場に滞在していたのだった。


一方、宿泊客の日吉も「何故」か封鎖されている北月地区に興味を示していた。



新人パトロール隊員・桐林北月町長の息子・増淵らの協力を得た倉田達は犯人に迫ろうとする。


そんな中、犯人から3度目の脅迫が為された。



犯人に迫るため、スキー場を守るため、倉田達は奔走し続ける。





しかし、何故か一番スキー場を死守したいはずの立場にいる筧が、一方的に交渉失敗を主張し打ち切ってしまう。





これに倉田は真相に気付いた。



そんな中、北月地区で爆発が発生してしまう。



倉田は真相を突き詰めるために筧のもとへ向かう・・・






数時間後、

倉田根津、入江、日吉、桐林、増淵らを集めると彼が突き止めた真相を語り出す。



そして倉田の思惑通り、爆弾を仕掛けたのは筧本人だった。


目的は北月地区を吹き飛ばす為であった。



1年前の事故以来、北月地区には悪い噂が絶えなくなった。


そんな中、新月高原スキー場の売却計画が持ち上がった。



しかし、噂がある以上、北月地区を売ることには抵抗があった。

もしかすると、それが理由で売却自体が頓挫するかもしれない。



其処で契約条項を逆手に取って、


爆弾で北月地区に人工的な雪崩を起こし、自然災害を装ってリゾートから切り離そうとしたのだ。



とりあえず、北月地区さえ除けば新月高原スキー場は売却可能との判断であった。




しかし、筧への脅迫をした犯人は別にいた。


それは一緒に犯人を突き止めようと協力していた桐林と増淵であった。




だが、脅迫にあった大金が彼らの目的ではなかった。


その実は、封鎖された北月地区の開放にあった。



実は、入江の妻を事故死させたボーダーこそ、ほかならぬ桐林と増淵だったのだ。

彼らは罪の意識に苛まれ、その意識から北月地区を護ろうとしていた。



筧の北月地区爆破計画を知った2人はこれを利用し、北月地区を開放させようと考えた。

少なくとも、北月地区爆破は阻止出来る筈だった。




ところが、筧は自分を利用しようとした桐林と増淵を逆に利用した。


交渉に失敗したように装い爆破することで、すべてを脅迫犯人の仕業に見せかけようと考えたのだ。





しかし結局、爆弾は爆破したが被害はそれほどでもないらしい。


筧の狙いもむなしく、北月地区を分断できるほどの爆破ができなかった。


新月高原スキー場を売却出来なければ「広世観光株式会社」は倒産してしまう。




さて、どうしようか……と倉田が頭を悩ませていたところに、


ちょうどこの事件に合わせたかのように客として訪れていた日吉



「大丈夫。」



と切り出す。





実は新月高原スキー場の売却先である「星雲興産」の経営者こそ日吉だった。


日吉はこっそり新月高原スキー場にいち客として訪れ調査していたのだ。



だが、今回の事件・実情を知り、『新月高原スキー場』購入を決めた。

その為に、今回の一連の脅迫・爆破事件は闇に葬られることとなった。




北月地区が護られたことで、桐林と増淵の目的は達成され、

罪を償うために、1年前の事故について出頭することに。



END







以上、書籍からのネタバレでした。

- |2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。